バッドティックとは何ですか?

私が利用しているFX取引業者でバッドティテックが発生したと話題になっています。バッドティックとは何でどういう問題があるのですか?

回答:システムの不都合によるありえない「レート」です

例えば、1ドル90円で推移している為替レートで1ドル40円というようなありえないレートが顧客に提示されてしまうことです。こうした「ありえない為替レート」「マーケットでは存在しないレート」のことを「バッドティック」といいます。

バッドティックが生じる原因としては、カバー先の不都合やシステムの欠陥などが指摘されますが、基本的にバッドティックが生じた場合、そのバッドティックは無効となります。

問題は以下のケースです。

バッドティックにより逆指値、指値などの注文が成立した場合

バッドティックといえども業者から提示されたレートですので場合によってはバッドティックで生じたレートに逆指値、指値などが引っかかり注文が成立する事があります
これらの注文についても無効とはなるのですが「バッドティックによる注文成立解消までの間の為替レート変動によるリスク問題」が生じます。

例えば、現在1ドル87円で米ドルを買っており、85円でロスカット、89円で利益確定をしようとしてOCO注文を出しているとします。(89円指値売り、85円逆指値売り)

その後バッドティックが生じて1ドル100円というありえない数値になりOCO注文で出している89円の指値売りは成立します。その後バッドティックによる注文がキャンセルされたとき、マーケットの正しい為替レートは1ドル84円になっていたという場合などです。

この場合、一旦注文が成立したことで85円逆指値売りの注文が自動的にキャンセルされるため、84円にまで下がっても当然ロスカット注文がでないというものです。

こうした損失についてはFX業者は補填しないと約款に書いていますので基本的に争ってもムダです。バッドティックに引っかかった場合は保険の為の注文を出すという回避策もあります(この場合、85円が割れた時点でショートの注文を出しておく)。

ただし、夜間など起きていない時間帯にバッドティックが発生してはどうしようもありません。最大の回避策はバッドティックを頻繁に起こすような会社は使わないというのが一番です。

管理人一押し! おすすめFX業者

FX取引高で4年連続No1の実績があるFX取引業者。手数料コストも安く、金利(スワップ金利)も投資家に有利になっているので、初めてのFX取引をしたいという初心者にもお勧めの取引業者です。
>> 外為オンライン詳細情報

 

「FX(外国為替証拠金取引)に関するQ&A」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

バッドティックとは
マーケットに存在しないレート。無効レート。

外貨投資講座

外貨投資の基礎知識
外貨投資の基礎では、外貨投資の特徴やメリットやリスク、どのような取引方法があるのかを分かりやすく解説していきます。
外貨預金講座
外貨投資の一つである外貨預金の始め方、外貨預金を始めるにあたってのポイントなどを解説します。
外貨MMF講座
証券会社での外貨預金として使われることが多い、外貨MMFについてそのメリットを分かりやすく紹介。
FX取引講座
個人投資家の間で人気急上昇中の外貨投資である「FX(外国為替証拠金取引)」を徹底解説。
その他外貨投資
単純な外貨ではなく、外貨+アルファの投資となる外債投資、外国ファンド、外国株投資を徹底比較